猫と健康ですこやかな生活を送るためのQ&A

愛する家族である猫ちゃんには、いつまでも元気で健康でいて欲しいですよね。
そのためには一緒に生活するなkでしっかり猫ちゃんを観察して、変化があった時にすぐに対応できるようにしておきたいです。

今回は猫ちゃんの状態をチェックするためのいくつかの項目をあげてみます。

病気の早期発見に役立てください!


お家でチェックできる猫ちゃんの健康チェック項目

おしっこ・ウンチに異常はないかな?

一番分かり易い変化は排泄物のチェックです。

・色、臭い、量、回数に変化はないか
・下痢ぎみ、便秘ぎみではないか
・血は混じっていないか

猫は泌尿器系の病気にかかりやすい動物です。
そのため、普段からおしっこやウンチの状態をチェックする習慣をつけておくことをおすすめします。

習慣的にチェックしていると、猫ちゃんの変化に気づきやすいです。

毎日のトイレ掃除の時に、排泄物チェックをすると意識づけ、おしっこが1日以上、ウンチは3日以上出ていないときは、すぐに病院へいきましょう。

<<便秘に特に注意すべき猫>>

・肥満ぎみ

内臓脂肪が腸を圧迫して詰まりやすくなります。
運動不足も腸の動きを弱らせ、ウンチを出にくくして便秘の原因にしている場合もあります。

・シニア猫

人間と同じように年を重ねると、体の水分量が減り、ウンチが固くなります。
さらにウンチを押し出すための腹筋や腸の動きも弱くなってくるため便秘になりやすいです。

・病気で体力が弱った猫

シニア猫と同様に、ウンチを押し出すための腹筋や腸の動きが弱まり便秘になりやすくなります。


体に触れてみて嫌がるところはないかな?

猫は傷みに鈍感と言われています。そのため体に触れて嫌がったり怒る場合は異常があるサインです。

チェックすべきは項目は、

・触ると嫌がる、あるいは怒ったようなしぐさしないか
・体のどこかが腫れていたりしこりができていないか
・一部分が脱毛していないか
・お腹がふくれていないか

撫でてあげるなどのスキンシップをする時などに
ゆっくりと体全体を触ってチェックしてあげましょう。

妊娠の可能性がないのに、お腹が大きくふくれている時は、重度の便秘など、何かの病気の可能性もあります。

また、毛の抜ける量が増えたり、体の臭いがいつもと違って強いときは皮膚に異常が起きている可能性があります。


いつもと違うしぐさをしていないかな?

先ほどもあげたように猫は傷みに強いです。
そして感情をあまり出しません。

そのため体に異変があっても普段と変わらない様子の場合が多いので、癖や行動をよく観察するようにしましょう。

チェック項目は、

・長い時間興奮していたり、落ち着きがない
・足をかばって歩く、立ち上がるときに痛そう
・ヨロヨロしたり、震えたりしている
・スムーズに歩いていない
・発作やけいれんがある
・動作が遅い
・遊びたがらない、運動をしたがらない

特別、環境が変わっていないのに、いつもと行動が異なるしぐさをしたり、様子が違う場合は要注意です。
歩き方がおかしい場合は脚をけがしている場合があります。


食欲はどうか、水は飲んでいるかな?

猫も人間同様に、具合が悪くなると食欲がなくなります。

・全くご飯を食べない
・お気に入りの餌を見せても喜ばない
・水を飲もうとしない

気分屋である猫でも、体調が悪いと極端に食べなくなります。
逆に過食している場合も要注意です。

普段の2倍以上も水を飲んでいたりすると病気の兆候ですので、すぐに病院に連れていきましょう。

ご飯を食べなくなると特に飼い主さんは心配になりますので
餌のヘリが遅いなと感じたら大げさだと思わずすぐにかかりつけの病院に相談しましょう。

上記のチェック項目を普段から意識しながら猫ちゃんと生活することで、異変にすぐに気づくことができます。

愛猫が元気に楽しそうに生活してくれることは、飼い主さんにとって、一番の願いですよね。

異常がある場合は、大げさになるくらいでもいいので病院に連絡しましょう。

このほかにも、耳が黒くなったり、臭いがしたり
よだれを垂らしていたり
体をしきりになめたりなど分かり易い反応もありますので
チェックしてみてください。

普段の健康チェックのほかにも、年を取った猫ちゃんには「認知症」という症状も出る場合があります。


人間と同じように猫にも認知症になる子がいます。

知識をつけておくことで、認知症になるリスクを下げることができますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

>>猫の認知症について。サプリで予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です